07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.10.18 (Thu)

WGP2012トリオサバイバル東京考察 byアルス

どーもアルスです。
本日は今日のカードの考察を書こうと思ったのですが東京大会のトリオのレシピが追加されましたので
そちらに関する考察を書きたいと思います。

まずレシピにのったタイトルと同じタイトルが何人いたかをまとめました

まどまぎ 4
アイマス 4
AB 3
フェイト 2
ゼロ魔 2
とある 1
リライト 1
シャナ 1

このような感じになりました。
やはりまどまぎ、アイマス、ABの3タイトルは多いというのは予想通りでした
フェイトやシャナは追加パックがでたこともあり上記のタイトルよりは少ないが順当にレシピに上がる
タイトルとも予想はつきました。

逆に驚いたのはゼロ魔が二人いたということですね。
前回のBCFでかなりの数が地区を抜けたため厳しい制限がかけられてしまったためその制限のなかでレシピを載せられることは非常にすごいことだと思いました。

リライトは発売から1日2日程度しかたっていないので調整が出来ない状態なのかと思いました。

ここからは自分が使用しているアイマスとリライトの考察をかかせていただきます。
まずはリライトから
リライトは発売当初話題になりましたシズルチアの型になりますね。
この型は特定ネームのパワーパンプではなく特定ネーム以外をパワーダウンさせてしまうという相手にすると非常にやっかいな型でございます。
この型はとにかく1帯でボードを制圧できなければ非常に厳しくなってしまう型ですね。
1帯が強い分コストもかかってしまうのでデッキ圧縮が難しいと思います。
今回レシピに載った型では+αとして回復の小鳥がはいっておりますね。
小鳥を2面並べて後列にひまわり畑のルチアがレストしていてクッロクに500~1000のパワーのキャラクターならシナジー効果を2度使用することができ、2コストで2点回復が可能となります。
逆にデメリットでは手札が増える手段が少ないので集中を上手くかみ合わせないと整うことが非常に難しいと思います。

次にアイマスについて
アイマスは3種選択となっていまして方向音痴選択が3、素前選択が1、ジュピター選択が0でした
どの選択でも1帯は赤か緑というのが多かったですね。
方向音痴ではとにかく0帯でキャラが帰ってきてほしいや相手の打点調整を難しくするというメリットがあります。
素前選択では1帯展開で後列にOFFタイム真を並べることでレベルが上がりサイドされても打点を通しにくいというメリットがありますね。
後、素前選択ではアニマスで追加された早だし貴音をよく見かけます。
1帯で手札を整えて2帯で早出ししてボードをとるのが理想の動きだと思います。

各々のデッキについて考察したかったのですけれど勘違いな発言になりそうなので(すでに上記の考察が勘違いかw)このくらいにします。
初めて他人のレシピの考察を書いてみましたが思ったより上手くかけずに申し訳ありません。
今後はもっとまとめて的確な考察が書けるようにしていきたいと思います。
スポンサーサイト
23:02  |  ヴァイスシュヴァルツ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://wschipstar.blog.fc2.com/tb.php/5-d8b82f33

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。